​ホメオパシーとは

はじめに

このホームページで紹介する使い方は
「プラクティカル」の手法です。

ホメオパシーの手法には他に

「クラシカル」と呼ばれる方法と

「ドクターホメオパシー」といわれている手法があります。


ホメオパシーは、日本語で「同種療法」と呼ばれ、

「健康な人に投与すると、症状を起こさせるものは、

その症状を取り去るものになる」という

「同種の法則」を基にしている代替療法です。

「物質の中に隠れている本質を解放し、

医薬として活性化させるには微量で良い」

ということをパラソーサスは知っていました。

その考え方を応用し、

この療法を確立させたのが、

ホメオパシーの父と呼ばれるドイツの医師

サミュエル・ハーネマンです。


ハーネマンは、自らを実験材料にし、

マラリアに効くというキナの皮を煎じて飲んでみました。

すると、マラリアの症状である発熱や悪寒、

痛み、脱水症状、脱力感がおこりました。

ですが、マラリアにかかっている人に飲ませたら、

症状を取り去るものとなったキナの皮が、

健康な人が飲むと症状を起こさせるものになる。


ということからヒントを得て、

ホメオパシーが確立されました。

ホメオパシーという言葉はハーネマンが造った造語で、

ギリシャ語のHomoios=同種 

Patheia=病気・苦痛を組み合わせて

Homoeopathyと名付けました。

ハーネマンは研究を重ね、

そこから「超微量の法則」を発見しました。


そのまま使っては人に有害となるモノでも、

希釈することで心身に深く作用するものになり、

さらに天文学的に希釈して叩き、

揺り動かすことで形を変え、物質が霊魂化し

より深い部分に作用する働きを得ることを

再発見しました。

その手法を「希釈振盪法」といい、

薄めたモノを、聖書の上で44回叩き

活力を加えて行くというやり方です。

現在でもその方法は忠実に受け継がれ、

英国にあるヒリオス社では、その手法で

ホメオパシーのレメディが手作業で作られています。

イギリス、ロンドンには、

王立のホメオパシー専門病院があります。

ココでは、ホメオパシーは

国民健康保険が適応されています。

uk_02.png